July 26. 2009

MOVIE for PARTY BOMBS! @ bar SHIFTY '09.07.25



約6分のムービーですが150MBと重いんで、気長にご覧ください。

++++++++++
Download this movie [ 130.81MB / ZIP FILE ] >>
See large size [ 233MB ] >>
++++++++++

木曜日に足立の花火大会で撮影しーの。
金曜の午後から土曜の夕方まで制作しーの。
んでその夜に渋谷 bar SHIFTY で流しーの。

使用している映像は全て花火大会の時に撮影したものです。
夏だし、『 BOMB 』くんのPARTYだし、んじゃ花火ちょーどいいね。と。。
イメージコンセプトも特に無かったので(時間的にもね)、テーマ曲を設けまして。
DJ RHYZM も大好き、SDP "SUMMER JAM '95" に決めて。。
映像は撮影も制作も初めてで、短時間の中でなんとか形にはできたってところですね。
ま、そーとー、花火に頼ってます笑。。

人間、ケツが決まれば動くモノなのだ汗。。。

さぁ、AP 諸君、そろそろ動きますか笑。


posted by TAKE-O at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

June 19. 2008

SWEEEEET Fragrance

においフェチなもので(笑)。。
フレグランス大好きです。

ここ何ヶ月、これを愛用していました。
CLINIQUE happy to be

080619_01.jpg

その前はこれ。
アマゾンでめっけた、スウィートピーチ。

080619_02.jpg

これに戻そうと思ってアマゾンで捜しましたが、あいにく取扱いがなくなっておりました。。

で、昔々。。。
BODY SHOP でバニラのフレグランスがあったの思い出し、早速近くのショップを訪れてみると。。
あるわ〜、BODY SHOP。。
SWEEEEET なモノがチョーありました。

080619_03.jpg

080619_04.jpg

080619_05.jpg

080619_06.jpg

080619_07.jpg

080619_08.jpg
posted by TAKE-O at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

June 17. 2008

GROOVISIONS : GROOVISIONS MGR + Tシャツセット

GROOVISIONS
GROOVISIONS MGR + Tシャツセット

080617_01.jpg

080617_02.jpg

080617_03.jpg

080617_04.jpg

080617_05.jpg

080617_06.jpg
posted by TAKE-O at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

April 28. 2008

CS001 : シマカワコウヂ for COSMIC SOUL

北千住のバー「COSMIC SOUL」の店主、シマカワコウヂのファーストアルバム「CS001」。
縁あって、ジャケットのデザインを担当させて頂きました。

1ヶ月くらい、あーでもない、こーでもない、と。。。
お互い納得のいく、良いものが完成したと思います。

初回30枚限定仕様の紙ジャケ。

▼カバー写真は店主コウヂ君撮影の中国雲南省。
080428_01.jpg

▼うらにはショップカードや名刺をホールドして、何気にお店をアピール!
080428_02.jpg

▼開封。
080428_03.jpg

▼CDを出すとクレジットがお目見え。
080428_04.jpg

▼クレジット部分。
080428_05.jpg

▼さらに開封ができまして。。。
080428_06.jpg

▼タイトルがお目見えします。
080428_07.jpg

▼2ndプレスからは透明ケース仕様になる予定.....のため未定(笑)。
080428_08.jpg

お店に行けば購入できると思いますが、さすがに30枚なんで早いもん勝ちですね。
ちなみに明日、イベント出演だそうでここでも販売予定。
>> 深川いっぷく
>> 聴くものがたりの会


CS001 by シマカワコウヂ for COSMICSOUL

001 ハング#1
002 ハング#2
003 ハング#3
004 口琴・ダミ声・ホーミー#1
005 馬頭琴・ホーミー#1
006 ものもらいの話(詞:山之口獏 / 曲:高田渡)
007 東京のいろ(詞・曲:シマカワコウヂ)
008 レラ(詞・曲:AKIRA)
009 祝福の歌(詞・曲:AKIRA)
010 インプロ#1
011 インプロ#2

ALL SONGS hang, jew’s harp, hoarse voice, khoomii, morin khuur, guitar & vocal:シマカワコウヂ for COSMIC SOUL
except 010 & 011 violin:会田桃子 percussion:海沼正利
真空管録音&マスタリング:小松進 & 川口智恵子 for 小松音響研究所
posted by TAKE-O at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

April 20. 2008

SONY "Foam City" in MIAMI

"Foam City"


"Foam City - Making"


SONY UK images

Bravia AD

"Bouncy Balls"


"Bouncy Balls - Making"


"Paint"


"Paint - Making"


"Play Doh"


"Play Doh - Making"


"Pyramid"


"Tango Balls"


SONY Bravia
posted by TAKE-O at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

April 17. 2008

佐藤修悦 on 朝日新聞

2008年4月17日 - 朝日新聞朝刊2面

080417_01.jpg

日暮里駅ガムテープ文字
posted by TAKE-O at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

October 17. 2007

The Jewels of TIFFANY 1837-2007

昨日午後、東京都庭園美術館にて
世界を魅了したティファニー 1837-2007』展を見てまいりました。

071017_01.jpg

いや〜、、、圧巻です。。
冗談抜きで、モノスゲー輝きに軽く目眩がしました(笑)。。。

300ページ弱のカタログゲット。
テキスト多めでかなりの情報量。

071017_02.jpg

後日、じっくり読んでからまた書きたいと思います。。

で、ちょっとびっくりだったのはこれ。
建築家のフランク・ゲーリーが2006年からコレクションを発表してました。
首元がチクチクしそうなネックレスや

071017_03.jpg

知恵の輪のようなブレスレットとか。

071017_04.jpg


posted by TAKE-O at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

September 03. 2007

KASHIWASATO.COM - 佐藤可士和 for SAMURAI

サムライ佐藤可士和さんのサイトが公開されてました。

KASHIWA SATO

これだけ揃えて見せられるとやはり圧巻ですね〜。。
カラースキーム的な表現がまた....
いいな〜(笑)。キレイ!

それぞれの作品詳細ページの右下に DOWNLOAD IMG ってあるんですが(現状、DONWLOAD ってスペルミスですょ〜)、、、
これ、要はイメージバンバン持ってっちゃってよって事で(笑)。
気持ちいいです、はい。。

これもさ、バイラル的な考え方でしょ。
佐藤さんの仕事が表現されてるというか。
佐藤さんの名前も広まる訳なのだが、何よりも商品が広まる訳で。
商品の広め方、広まり方をどう捉えるかって事だけど。

ちなみにこのサイト制作者、中村勇吾さんの本日のブログにはこうありました。

nissi.yugop

確かにやや遅な感じもしました。
「あと、あと、あと、、ああああーっ!」
っていう公開仕事の追い込み方、キライじゃないです。。

追記1
本日9月7日現在、スペルミスの修正確認。
素早い!!

追記2
本日9月12日現在、、、、、
do ..... download link が無くなってる。。。
全部落としとくんだった(ToT)
posted by TAKE-O at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

August 15. 2007

日暮里駅ガムテープ文字

何かと話題のガムテープ文字。
先日、日暮里駅を利用する機会があり観て参りました。

070815_01.jpg

070815_02.jpg

070815_03.jpg

070815_04.jpg

070815_05.jpg

070815_06.jpg

.....で、次の日。。。

070815_07.jpg

カッターでカリカリと制作してましたが.....ご本人かな?!

制作者さんを追い続ける方々によるインタビュー。



と、追い続ける方々のサイト

サイト内に日暮里駅編のムービーあります。

そして.....

8月下旬にイベントまで!!!
posted by TAKE-O at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

August 08. 2007

2016年夏季 東京オリンピック招致ロゴ&ポスター

地下鉄で見かけた東京オリンピック招致ポスターです。

070808_01.jpg

ロゴは栄久庵憲司さんデザインだそうです。
水引モチーフ。
五輪カラーで、五大陸を結ぶってイメージですかね。

9年後の話、今、ふと思ったんですが.....
はたして東京はどーなっているのでしょうね?
温暖化は進んでいるのかな??
新東京タワーも開業してるし、東京観光も変わるんだろうね??
と言うか東京、大丈夫なんですかね??
posted by TAKE-O at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

July 20. 2007

Master of DESIGN MIND 001 : 倉俣史朗

デザインと一言で言っても、手法も見方もたくさんあると思います。
音楽なんかが解りやすいと思いますが、一つのジャンルがまた細分化されてたり。
美術もそうですかね。

って事で、僕が尊敬する方を紹介する形で、僕のデザインマインドを感じて貰えればと。。。
それが「 Master of DESIGN MIND 」って事で。

まずはインテリアデザイナー倉俣史朗氏。

1996年、僕が専門2年の時、原美術館で「倉俣史朗の世界」展が開催されていました。

070720_01.jpg

070720_02.jpg

ゼミの授業の一環として10名位で訪れました。
確かその後、他のゼミにもくっついて行った覚えがあります(笑)。

名前を知らない方でも作品は見た事あるかもしれませんね。

070720_03.jpg

070720_04.jpg

表現は正しくないと思いますし、お怒りになられる方もいらっしゃると思いますが.....
僕は倉俣さんのデザインに「エロ」さを感じます。
陳腐な表現でごめんなさい(笑)。
「エグ」さとは違う、色気って感じの「エロ」さ。

だから綺麗でもあり、儚くもあり、ヒトを惹き付ける魅力が生まれているのだとも思います。

やっぱり、モノを通してのコミュニケーションと言いますか...
ヒトに何かを伝える事。

店舗やプロダクトと言う物を通して、

ヒトを楽しませようとか、
ヒトを喜ばせようとか、
ヒトを驚かせようとか、

その部分の「どおやって?」と言う部分がデザインであると。

「コンセプト」とこの「どおやって何を伝えるのか」の先に、型は自然とでる。

「デザイン=コミュニケーション」と。

僕はこの言葉をもってデザインと向き合っています。

ちなみにこの考え方を教えてくれたのは僕の真の師匠であったりもします。

倉俣さんは作品を通し、軽さや浮遊感と言うもの表現されています。
よく言われている事に、「夢の中でデザインしていた」って事があります。

未現像の風景―記憶・夢・かたち

070720_05.jpg

代表的な作品にオバQランプと言うものがあります。

070720_06.jpg

僕は3度程、この制作に携わらせて頂いた事があるのですが、一つ一つが手作業です!
(雑誌「室内」に製作現場の詳細が掲載されているものがあると思います。)
正方形のアクリルを数人であの形に仕上げます。
同じ物は一つとしてない、それぞれがまさに、風になびく一瞬のゆらぎをとどめています。
以前、イタリア人が制作に携わった時には
「いま強風が吹いたぞっ!!」
なんて言って、なびき方を強めに制作した物もあると聞きます。

倉俣さんはまさに、夢を表現したヒトって感じです。

モノ(素材)の持つ美しさを、一瞬の儚さを、最大限に引き出す。

「デザイン」という「楽しみ」を存分に感じさせてくれた倉俣さん。
1991年1月2日に永眠されております。
だから永遠の、心の師匠です。

倉俣さんについてはまた機会を改めて。
僕の好きな倉俣作品ベスト10とかやってみましょうかね。


posted by TAKE-O at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

July 12. 2007

渋谷駅と安藤忠雄

昨日、帰宅中の東急東横線でみかけました。

東京メトロ副都心線の開通に伴い渋谷駅で相互直通運転を行う為、東横線渋谷駅〜代官山駅間を地下化。
渋谷駅の一部を安藤忠雄が設計。

先月の GA JAPAN にも掲載されてましたが、「地下に浮遊する都市機能 - 地中船」ってイメージのようです。

駅は地下3階建てで、大きな円形の吹き抜けが特徴らしいです。
でもこの「一部」ってのがちょっと引っ掛かかりますね(笑)。
いずれにせよ楽しみではありますが.....

渋谷〜代官山駅間の風景が見れなくなるのはやや寂しいですね。
懐かしい風景がなくなる訳ではないけど、この東横線の渋谷駅から出ていく感じが嫌いじゃなかったもので。
華やかな街の裏側を通っていく感じが。

この開通で渋谷もまた、大きく変わるんでしょうね。
いい意味で期待しましょう。

と言う事で My favorite 安藤建築 を数点あげてみました。

その1:国際子ども図書館
2002年に全面開館した上野にある国際子ども図書館
施工当時この近くに勤務していてお昼時、たまぁに観に行ってました。
囲いから中を覗くと、綺麗なガラスのエントランスが印象的でした。
旧い建築を残し、そこに新しいガラスのエントランスがぶち込まれている。
表現が悪いとは思うけど、ぶち込まれてる感じがとても好きです。
旧い建築物を新しい構築物(ガラス)で覆い、元は外壁であった部分を内壁として再生させています。
建築物をインテリアとして内包する.....感動です。

その2:光の教会
大阪茨木のプロテスタント系キリスト教会、1989年竣工。
存在するのは十字の光。
工事用の足場板を使用した床と椅子は黒に塗装され、この光を強調する。
ストイックなまでのシンプルさが、建築物自身をも、そこに訪れる者をも表現していて素敵です。。
学生時代に朝日新聞主催の講演会に行った事があり、その時のお題が光の教会だったような記憶があります。
コンセプトが形を造る.....感動です。

その3:本福寺水御堂
兵庫県淡路にある真言密教の寺、1991年竣工。
異次元へ誘うようなエントランス。
池の中に入っていき、空へ向かい出ていく.....極楽浄土を彷彿させるようです。
建築が一連の過程を表現する.....感動です。
安藤さんの建築はコンクリートなどの無機質な素材の特性か、宗教的な感覚が強く出ているものに眼がいきます。
今回ここにあげているのは比較的規模の小さいものです。
大きなものになると導線など他の視点で楽しめると思います。
posted by TAKE-O at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン